オイラーの贈物 37日目

2章80ページまで

ニュートン-ラフソン法。

$$x_{n+1} = \frac{1}{2}\left(x_n + \frac{C}{x_n}\right)$$

を繰り返すことで任意の平方根の値を求めることができる。平方根に限らず曲線の接線が求められるならば、他の様々な計算に応用できる汎用性がある。